わきが体臭・臭い対策と消臭のコツ

わきが体臭・臭い対策と消臭のコツ

脇の黒ずみと臭いが酷い!美白や消臭方法を教えて!

脇の黒ずみと臭いが酷い!美白や消臭方法を教えて!

ちゃんと清潔にしているつもりなのに、脇の黒ずみや臭いが気になる。

特に、肌の露出が増える時期は、気になってノースリーブが着られない、水着になるのを躊躇してしまう、隣に誰かいると遠慮して近くに寄れないなど、様々な悩みが出てくるものです。

原因がよくわからないからこそ、自己流の対処法などを試して悪化させてしまった。

色々調べてみたけれど、結局これといった解決法がないなど、本当に脇の悩みと言うのは厄介なものですよね。

今回は、そんな脇の黒ずみと臭いの原因や、美白方法や消臭方法を調べてみました。


脇の黒ずみの原因

脇の黒ずみの原因

腕を上げてみると、なんとなく脇の下がくすんで見える。

それどころか、年々茶黒くなってきている。

脇の下の黒ずみは、きちんとムダ毛を処理しているのに、なんとなく人に見られるのが嫌になる原因ですよね。

女性の場合、電車やバスの吊革につかまりたくない、そんな悩みは本当に良く聞きますよね。

まずは、脇の下の黒ずみの原因について見ていきましょう。

・摩擦による色素沈着

まず、脇の下の毛の処理はどうされていますか?

大体の方は、セルフケアでカミソリや毛抜き、電気シェーバーや脱毛器などを使用されている方がほとんどだと思います。

脇の下を自分の目で、まんべんなく目視するのは非常に難しいですよね。

なので、お風呂や洗面所の鏡を見ながら処理する方が多いと思います。

見えづらい部分なので、多少なりとも勘に頼らざるを得ない部分は、案外適当に剃ってしまったりするもの。

すると、見えないのでどうしてもゴシゴシと力を入れて剃ってしまったり、綺麗に処理したいがために力が入ってしまう・・・。

それが、すごく良くないんです。

脇の下と言うのは、とてもデリケートな部分でもあります。

ですので、力を入れてムダ毛を処理したり、なんだか汚いような気がしてボディタオルなどで必死にこすってしまったりすると、脇の下を守ろうとする体の機能が働き、脇の下の皮膚がどんどん分厚くなっていってしまいます。

また、比較的優しいと言われているクリームの脱毛剤なども、皮膚に刺激を与えてしまいます。

皮膚を守る【メラノサイト】という細胞をご存知でしょうか?

このメラノサイトは、刺激を感じると皮膚を守ろうとして機能しはじめます。

そして、【メラニン色素】を出します。

あれ?このメラニン色素、聞いたことがありませんか?

そうなんです、シミの原因とされている色素です。

そのメラニン色素が、刺激をするたびに脇にどんどん生成されていき、いつのまにか脇の下が茶黒くなっている、という事になってしまうのです。

しかも、脇の下を守ろうとする働きはメラニン色素によるものだけではありません。

脇の下を守るために、太く濃い毛を生やそうとする働きも促進してしまいます。

脇の下が黒ずんだ上に、太く濃い脇毛が生えてくるなんて、想像しただけでも恐ろしいですよね・・・。

・皮脂汚れや、古い角質

もう一つよくある原因としてあげられるのが、皮脂や古い角質による汚れです。

あまり刺激しないほうが良いとは言え、全く洗わなかったり、たくさん汗をかいたのに放置するのは好ましくありません。

そもそも脇は汗をかきやすい部分ですので、汚れが溜まりがちになってしまうのは仕方ありませんが、やはり何事も適度にということですね。

・カバーファンデーションや制汗剤の使いすぎ

脇の黒ずみをカバーするためにファンデーションを使ったり、脇汗を抑えるための制汗剤を使いすぎると、かえって脇の黒ずみを悪化させてしまう場合もあります。

毛穴が詰まって黒ずんで見えてしまう事もあるので、それらの使用も適度に、を心掛けたほうが良いでしょう。

脇の臭い

脇の黒ずみも本当に嫌な悩みですが、脇の臭いは年間を通して気になるものなので、一番大きな悩みと言っても過言ではないでしょう。

人が至近距離にいると落ち着かなかったり、常に自分が臭っているような気がしてしまったり。

汗をかいた後の臭いが気になって、過剰に制汗剤や香水をつけてごまかそうとしてしまう。

そんな経験はありませんか?

では、なぜ脇の臭いは発生してしまうのでしょうか?原因を見ていきましょう。

・脇の汗と臭い

脇の下には汗腺が二種類あります。

【エクリン汗腺】と、【アポクリン汗腺】というものです。

エクリン汗腺は体中にある汗腺で、この汗腺から出てくる汗は約99%が水分で、基本的に無色、無臭の事が多いそうです。

スポーツをしたあとや、気温が高いときに全身から噴き出してくる汗は、ほとんどがこのエクリン汗腺から出ています。

脇の下は二つの汗腺があるので、そもそも汗をかきやすい部分なのです。

その二つの汗腺から出る大量の汗と老廃物を、皮膚の常在菌が分解する際に強い臭いを放ってしまうのです。

また、アポクリン汗腺から出てくる汗というのは、水分以外に脂肪やアンモニア、たんぱく質などが多く含まれています。

それらの老廃物をエサにして、常在菌が繁殖してしまうのです。

また、脇の下は常にこもった状態にあるので、湿度も高く保温されている場所です。

なので、細菌が繁殖するための条件がそろってしまっているのです。

必然的に臭いが強くなってしまうのもうなずけますよね。

・ワキガによるもの

ワキガという言葉はほとんどの方がご存知だと思います。

ワキガと言うものは、後天性でなる事は基本的にありません。

※いわゆる後天性のワキガと言われるものは、食生活やホルモンバランスなど、なんらかの影響でワキガ臭が突然発生してしまうものです。

生まれつきアポクリン汗腺の粒が大きかったり、数が多かったりすることで、通常の人よりも、臭ってしまう原因が大きいというものです。

ちなみに勘違いしている方が多いのですが、ワキガは病気ではなく体質です。

ワキガの臭いは、生まれつきであるため、自分ではあまり気づきにくいという特徴があります。

しかし、なんとなく他の人と体臭が違う、脇の臭いが気になると感じる場合もあります。

下記にワキガ体質なのかをチェックする項目を用意しましたので確認してみましょう。

◆耳垢が常に湿っている。いわゆる「アメ耳さん」である。

◆洋服の脇の汗染みが黄色っぽくなる。

◆両親、もしくはどちらかの親がワキガ体質である。

◆脇毛の量が多い・太くて濃い(女性)。

◆脇毛に白い粉状のものや、白いカスが付く。

◆脇汗が大量に出る。

◆脇の下に触れてみるとぼこぼことしている。

当てはまるものが多いほど、ワキガである可能性が高くなります。

特に、両親ともワキガである場合や、耳垢が常にしっとりと湿っている方、脇の下の汗染みが黄ばんでいる方の場合、可能性が非常に高くなるそうです。

日頃からのこまめなケアで、臭いがだいぶ軽減される場合もあります。

もしくは、自分がワキガなのかわからないが臭いが気になる、と言う場合は皮膚科を受診するのも良いでしょう。

脇の下を美白するには

脇の黒ずみと臭いの原因がわかったところで、脇の下の黒ずみケアをどうすればよいのかを、一緒に見ていく事にしましょう。

・まずは体の中から!食生活を見直してみましょう。

脇の黒ずみに悩んでいる方は、まずは外からではなく、日頃の食生活の見直しで、黒ずみを改善する方法を試してみましょう。

皮膚はターンオーバーという、お肌の生まれ変わりを繰り返しています。

そのターンオーバーのサイクルを正常化させてあげることで、お肌の黒ずみが改善されると言われています。

そのためには、血行を良くし、新陳代謝を上げる事が有効だとか。

まずはビタミン類、ビタミンEとCを積極的に摂取しましょう。

ビタミンCは美白にも良いと言われていますよね。

ビタミンEが多く含まれる食材は、アーモンド、レバー、マーガリン、大豆などがあります。

アーモンドなどのナッツ類は、おやつとしてそのまま食べられ手軽なのでおススメです。

ビタミンCが豊富な食材は、レモン、キウィ、イチゴ、ブロッコリー、小松菜などです。

野菜類に多く含まれていると言われているので、野菜を多く摂取するように心がけると良いのではないでしょうか。

次にコラーゲンの摂取も重要だと言われています。

豚肉や手羽先、ウナギやゼリー、また最近ではコラーゲン配合のドリンクやグミなどのお菓子もありますよね。

コラーゲンは美肌にかかせないと言われている成分ですので、脇の黒ずみ改善はもちろん、お肌の弾力UPにもつながりますので一石二鳥ですよね。

・お手入れ方法を見直す

黒ずみの原因のところでもお話ししましたが、脇の下を洗う時や、ムダ毛の処理をする時、ゴシゴシとちからを入れていませんか?

脇の下は本当にデリケートな場所ですので、できるだけ強くこすらないようなお手入れをすることが重要です。

必ず切れ味の良いカミソリを使う、しっかりと泡立てたボディーソープを使って手で優しく洗うなど、日々のお手入れを今一度見直してみましょう。

また、ムダ毛処理前後や、毎日のお風呂上りにはクリームやローションで脇の保湿もしておきましょう。

◆この時に保湿剤代わりに抑毛ジェルの「コントロールジェルme」を塗るといいです。

なぜなら保湿にもなりつつ少しずつムダ毛を薄く細くしますからムダ毛処理の回数が減ってきます。

なおかつ美白成分も含むので黒ずみケアにもなるのでコントロールジェルmeは、とっても便利です。

敏感肌でも妊娠中や授乳中でも子供でも使えるので口コミでも人気です。
コントロールジェルmeの口コミと抑毛効果

・美容外科や美容皮膚科に相談する

あまりにも黒ずみが酷く、セルフケアではもうお手上げ!な場合は、美容外科や美容皮膚科に相談してみましょう。

レーザー治療や、専用の美容クリーム、ピーリングなどの方法があります。

セルフケアよりも確実で原因も教えてくれるので改善の期待ができますが、デメリットとして金額の問題があります。

各医療機関によって金額は様々ですので、まずは無料カウンセリングや電話相談などを受けてから決めましょう。

・市販の美容クリームを使う

最近では、脇の下の黒ずみ対策の商品がいろいろと出ています。

本当に種類が多く出ていますので、まずは自分に合いそうなものなのか、評判はどうなのか、金額は妥当なのか、続けていけそうなのかをしっかりと判断しましょう。

まずは、続けていく事ができそうなのか。

これが本当に重要になってきます。

黒ずみが出てしまった場合は、程度にもよりますが1度や2度塗ったからと言って消えるものではありません。

根気よく続けていく事が非常に大切なので、よく考えてから購入を検討しましょう。

◆脇の黒ずみケアでも効果!と口コミでも人気なのが「イビサクリーム」です。

トラネキサム酸など美白成分が豊富です。
デリケートゾーンにも使えるくらいお肌に優しい成分です。
イビサクリームの口コミとVIO黒ずみ改善効果

脇の臭い対策

次に、脇の臭い対策についても考えていきましょう。

・脇の下をこまめに拭く

まず、脇の下を清潔に保つのは言うまでもない事なのですが、脇の下に汗をかいた時、なにで汗を拭いていますか?

乾いたハンカチやタオルで拭くのは、脇汗を増やしてしまう原因になるのでやめましょう。

前述したとおり、汗を増やしてしまうのは臭いの原因になります。

できるだけデオドラントシートやウェットタオルなどで押し付けるように優しく拭いてあげましょう。

この時も、絶対にゴシゴシこすらないように注意が必要です。

また、細菌が汗で出てくる老廃物を分解して臭いを発生させるまでには、約一時間程度かかると言われています。

出てきた汗をこまめに拭いてあげる事も臭い対策として大切ですので、放置せず気付いた時にふき取っておきましょう。

・制汗剤を使用する

制汗剤を使用するのはもちろん効果的ですが、制汗剤の使いすぎで毛穴を詰まらせてしまうと、逆効果になってしまう事があるそうです。

制汗剤は家を出る前や臭いが気になってきた時など、適度に使用しましょう。

最近では、長時間効果が持続するものなどもありますので、とにかく気にしすぎて使いすぎないことが大切です。

◆例えば、私が実際に使って効果が高いと実感したのは、クリアネオです。

脇の臭いも汗も抑えてくれますし無臭なのもいいなと思いました。

足や体臭やすそわきがなどもケア!とクリアネオの口コミでも人気です。

・脇毛を処理する

脇毛が生えすぎていると、清潔に保っているつもりでも、どうしても湿気がこもってしまったり、根元がきれいに洗えていなかったりする場合があります。

脇毛を自己処理する際は、出来るだけ優しく丁寧に行いましょう。

どうしても自己処理に自信が無い方や、脇が毛深いという悩みがある方は、サロン脱毛や医療脱毛を行う方も最近では増えています。

脇毛処理が安くて綺麗になる!と人気の脱毛サロンがミュゼプラチナムです。
脱毛サロンのミュゼプラチナムの料金は安い?

脇毛を適切に処理することにより臭いを抑える効果が期待できます。

・食生活

油っぽい食事や糖分の多い甘いお菓子などを多く摂取していると、脇の下のアポクリン汗腺から出てくる老廃物が多くなり、細菌を増殖させやすくなってしまいます。

できるだけ、油ものや糖分を控えた食事を心がけましょう。

特にワキガ体質の方は、油ものや糖分摂取は臭いを強くしてしまうそうですので注意しましょう。

野菜たっぷりを心がけるといいです。

まとめ

いかがでしたか?

脇の下の黒ずみや臭いなどは、たとえ面倒でも放っておくわけにいかないというのが正直なところですよね。

特に臭いの場合は、自分だけでなく周りの人に迷惑をかけてしまう恐れもあります。

普段、脇に気を使っているつもりで、間違えた処理や対策を行っていると、かえって悪化させてしまう事もあるので、注意が必要です。

黒ずみと臭いの悩みを解消して、自信を持ってノースリーブや水着にチャレンジしたいものですよね。

Hs

*共通案内*
ワキガ、足の臭い、VIOラインの臭いなど体臭や加齢臭も解消!
さらに気になる脇汗、足汗、手汗などにも効果!
公式サイト→クリアネオ
cleaneo
子供や男性も使える即効性がある制汗クリーム
レビュー→クリアネオの口コミ

 

タグ : 

臭い対策のコツ

この記事に関連する記事一覧