わきが体臭・臭い対策と消臭のコツ

わきが体臭・臭い対策と消臭のコツ

わきが体臭・臭い対策に良いデオドラントやスキンケアの口コミ体験感想などの情報と消臭のコツやマメ知識のブログです。

ワキガかも!脇も乳首もデリケートゾーンも臭いが気になる!改善策を教えて

ワキガかも!脇も乳首もデリケートゾーンも臭いが気になる!改善策を教えて

臭いに関する問題は、時としてダイエットや肌荒れよりも厄介かもしれません。

目に見えるものではないためか、感じ方も人それぞれです。

例えば臭いの発生源である自分は既に慣れてしまっているのか、なんとも思わないのに周囲が嫌な顔をする…なんて経験はありませんか?

反対に、周囲はそんなことを思っていないにも関わらず、自分では過敏なほどに気にしている方もいますね。

主な原因をワキガとするケースが多いですが、その場合体を洗ったり、汗を拭くだけでは対処できないことも。

市販の制汗剤や消臭スプレーも、その都度の対処にはなっても、根本的なケアには至らずに悩んでいる方も多いはず。

またダイエットなら運動、肌荒れならスキンケアというように、手軽な解決策がぱっと思いつかないのも臭いトラブルの特徴とも言えます。

比較的効果の高い対処となると、手術を挙げるのではないでしょうか?

しかし手術は、簡単でない上に100%成功するわけではありません。

施術した箇所の臭いがなくなっても、手術跡が残ってしまったり、ほかの場所で臭いや汗の量が増えてしまうこともあるようです。

それでは、せっかく多額の費用を払い、時間をかけて行ったのが全て無駄になってしまいます。

確かに悩んでいた箇所はケアできたと言えますが、臭いというトラブルはそのままというのは避けたいですよね。

どうしても解決したいのならば選択肢としては有りですが、手術に踏み切る前に、ほかの方法を試してみませんか?

実は、ワキガ1つとっても複数の対処方法が存在します。

あまり知られていないものも多いため、もしかしたらまだ行ったことがない方法もあるかもしれませんよ。

刺激を感じたらワキガ

まず、臭いの原因を確認しておきましょう。

そもそもワキガは汗臭さとは別物です。

気になる臭いならなんでもワキガというわけではないので、実はただの汗臭さである可能性も否定できません。

ワキガに通常の制汗で効果が期待できないように、汗臭さやほかの理由に対してワキガケアをしても解決できるとは限らないんです。

主にアポクリン腺と呼ばれる汗腺から生じるのがワキガです。

汗腺から出ている以上、汗の一種と見ることもできますが、脇や乳首、デリケートゾーンなど、特定の部位でのみ発生します。

それ以外の場所から出ている臭いなら、エクリン腺から出た汗による臭いや、環境の変化による体臭だと思ったほうが良いです。

平常時に比べてダイエットや貧血など体に変化が起こったときにも臭いは発生しますし、加齢臭のように、年齢によって変わってくるものもありますよね。

また臭いそのものにも特徴があります。

それは、鼻にツンと来るような刺激臭であること。

エクリン腺からの汗の場合、モワッとするような感触こそあるものの、強さはさほどではないのです。

例えば光を浴びる時、部屋全体がぼんやり照らされるのが汗臭さで、スポットライトのように自分だけが眩しい光を受けるのがワキガというイメージでしょうか?

ただ感覚も人それぞれなので、具体的には以下のセルフチェックを試してみましょう。

耳垢や腋毛の様子でワキガチェック!

ワキガはアポクリン腺の多さで判断する方法が多いです。

有名な方法は、耳垢の状態を確認すること。

この時、湿っていて粘性の強い耳垢だと、ワキガだと言われます。

耳垢が湿っているのは耳の中にアポクリン腺があるからで、その分体にも多く存在するからという連想ができます。

汗自体に粘性が感じられる場合も同様ですね。

また脇毛の生え方にも注目です。

1本が太かったり、1つの毛穴から2本以上毛が生えていることも、アポクリン腺の多さゆえと言えます。

ほかにも汗染みが黄色く変色している、夏でもないのに汗の出が多いこともアポクリン腺の多さを示していることがあります。

ちなみにアポクリン腺の数は遺伝に左右されることも多く、親族、特に両親にワキガの方がいる場合も、自身がワキガである可能性は高まります。

汗を拭くならウエットティッシュがおすすめ

汗の対処なら拭くことが大事ですが、何で行うかを考えたことはありますか?

持っているタオルやハンカチで、特に疑いもせずに行っていませんか?

エクリン腺の汗ならそれでも良いのかもしれませんが、アポクリン腺の汗を拭き取るのであれば、ウェットティッシュなど湿ったタイプを選びましょう。

乾いている布は汗を吸い取ってくれますが、水分だけを吸収して臭いのもととなる成分は取り去ってくれないこともあります。

これが汗を拭いても臭いが消えない典型例とも言えますね。

シートタイプの制汗剤など、殺菌効果のあるものが望ましいですが、最低限ウェットティッシュはカバンに入れておきましょう。

汗が出たなと感じたら、量や臭いの度合いにかかわらず、すぐに拭いてしまうとより効果的です。

洗う時は必要な細菌を残す

体を清潔に保つことも大事ではありますが、人間の体には常在菌という細菌があり、健康を保っていることを覚えておきましょう。

つまり、菌だから何でもかんでも除去すればよいわけではないんです。

乳酸菌など、体に良い菌はほかにもたくさんありますよね?

特に、表皮ブドウ球菌は残しておきたい菌です。

汗や皮脂などワキガを発生させる要素を食べるのが仕事で、良い香りと判断されやすい脂肪酸の生成を行っています。

弱酸性の環境を好むので、石鹸やボディソープが異なる属性ならば、弱酸性に取り替えてみましょう。

洗う時は洗顔と同じようにたっぷりの泡を立て、できれば手で直接行うと、肌への負担も軽減できます。

ゴジゴシ洗うと、皮脂がたくさん分泌されて、悪い菌の繁殖を手助けすることになってしまいます。

スポンジなどのアイテムを使いたい場合は、できるだけ肌を労わるものを選んでください。

脇毛処理アイテムの管理も気をつけて

脇の臭いに悩んでいるなら、脇毛の処理を行うのも良いです。

悪性の菌が繁殖する場所を制限する意味があります。

しかし、カミソリをはじめとするアイテムの管理には十分注意しましょう。

アイテムが雑菌だらけであれば、除毛は菌を擦り付ける行為でしかありません。

使い捨てなら毎回取り替える、そうでないならきちんと洗って乾燥させ、汚れない場所で次回まで保管しておきます。

いっそのこと汗をたっぷり流す

入浴時、あるいは運動など汗をかいても問題ないタイミングですね。

汗をかくというのは、老廃物を体外に出す役割も果たしていますから、ここぞという時にたくさん流してしまえば良いんです。

お風呂も運動も、代謝アップによるダイエットや気分転換など、様々なメリットがあります。

気持ちの安定という意味では、周囲を気にして出る冷や汗などへの効果も期待できますよ。

汗そのもののコントロールは難しいですが、本来かかなくても良いあせならかかない、不要な物質は一気に出してしまうのもコツです。

食べ物を変えれば臭いも変わる?

チェックで汗の黄色い染みについて少し触れましたが、アポクリン腺からでる汗に色や臭いの変化が見られるのは、食べ物が影響しています。

黄色くなるのはタンパク質などの栄養素が流れ出た結果なんです。

同じ理由で、汗が乾いたあとの服や体毛に、白い粉がついていることもあります。

これだけで完璧に対処できるという方法ではありませんが、食生活を見直してみるのもおすすめですよ。

例えばタンパク質は、動物性のものの方が臭いの原因になりやすいのだとか。

植物性のものも増やしてみましょう。

また脂肪酸が酸化して良い匂いでなくなってしまうのを防ぐため、抗酸化の高いビタミンCなどを取り入れるのもおすすめです。

ワキガは男性ホルモンが多い時にも発生しますから、イソフラボンなどで女性ホルモンの活性化を図るのも良いでしょう。

納豆や豆乳、豆腐など大豆製品などに多く含まれていますね。

ちなみに、便秘になっている時も臭いが強くなる傾向です。

便秘かも?と思っている方は、食物繊維をはじめ、消化を手助けする栄養素を中心に取り入れて便秘を解消しましょう。

ワキガも同時に対処できているかもしれませんよ。

生理もおりものも関係ない?デリケートゾーンのスソワキガ

ワキガは脇から出ている臭いと思われがちですが、アポクリン腺があるところならどこでも発生する可能性があります。

脇に比べると少数とはいえ、スソワキガことデリケートゾーンのワキガや、次のチチガ(乳輪ワキガとも)、乳首から出ているケースなどですね。

デリケートゾーンは女性の場合生理期間中、あるいは直後のおりものの臭いを気にしがちです。

しかしもし、その2つのどちらでもない時期に臭いがあったら、それはスソワキガなのかもしれません。

おりものや生理の経血だけでなく、尿や垢、汗などが雑菌と合わさって臭いになります。

特徴は酸っぱいような刺激臭や黄色いシミが下着に見えるなどで、脇と似ていますね。

生理やおりもののタイミングであっても、普段の臭いと違うのでは?と感じたらワキガが関わっているのかもしれません。

原因のいくつかは洗うなどで対処できそうですが、問題となるのはやはり汗でしょうか。

アポクリン腺の汗は時期を選びませんし、下着でムレるなど、菌の繁殖環境も生まれやすくなっています。

対策も基本、脇と同じです。

ただデリケートゾーンと言われるように、体の中でも特に注意したい部位ですから、専用の石鹸などで優しく洗ってあげましょう。
例えば使ってよかったのは、アンボーテ フェミニーナウォッシュです。
詳しくは→アンボーテ フェミニーナウォッシュの口コミ!デリケートゾーンの臭いが消える?

ゴシゴシ洗うのはもちろんダメですが、水で流すだけなど簡単に済ませていた方も要注意です。

またトイレの後、ビデなどの機能があるならば利用する、デリケートゾーンに使えるウェットティッシュで軽く拭く方法もあります。

下着も頻繁に取り替えるのがベストでしょう。

少なくとも生理用ナプキンや織物シートなどは、白いままに見えても汗や雑菌が染み込んでいる可能性があります。

汚れの度合いにかかわらず毎回取り替えてください。

もし少しでも長く使い続けたいのであれば、通気性の良い製品に切り替えるなどの対策が必要です。

ただそれでも、3時間ほどを目安に取り替えたほうが良いでしょう。

余談ですが、デリケートゾーンの臭いは、何らかの病気を示していることも考えられます。

万が一ワキガや汗の問題でなかったら、念のため産婦人科へ相談してください。

乳首からもワキガが出ている?

チチガは、女性が起こりやすいワキガの1つでもあります。

男性でも発生することはありますが、女性の場合、胸にもブラジャーなど専用下着を着用しますよね。

そこで雑菌が増えるなどして、ワキガを誘発しているようです。

状況は脇に発生する場合と同じなので、ブラに黄色いシミや臭いが移っていないかなどでセルフチェックができます。

対処も同様で、チチガであればブラジャーの洗濯や保管に気をつけたいところ。

また洗う時や制汗剤を使う時は、デリケートゾーン専用のものと選びましょう。

スソワキガでも悩んでいる方は、同じ製品を選んで構いません。

そもそも乳首もデリケートゾーンですし、普通の制汗剤では刺激になってしまうからです。

ブラに汗がきやすい、ムレやすい場合は、通気性の良さにもこだわってみましょう。

下着は1番内側に着ている以上、替えるのもなかなか大変なので、汗を溜めない素材を選びます。

胸は綺麗な形を保つのも大事ですが、あまりがっちりと固定しないものの方が臭いには良いです。

服も制服など規定がない時は、あまり締め付けないようにして、汗を抑えましょう。

ケアアイテムを選ぶなら「クリアネオ」

デオドラント製品を新しく購入するなら、「クリアネオ(cleaneo)」を検討してみてはどうでしょうか。

ワキガだけでなく、エクリン腺からの汗臭さ、足の臭いなどにも効果があるので、汗自体を抑える機能も有しています。

もちろん、スソワキガやチチガの消臭ケアにも良いです。

主な成分はイソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛。

前者は菌の繁殖を防いで、後者で汗の量を調節します。

製造に関しては無添加にもこだわっているので、制汗剤の成分で悪化するなんて心配もなさそうです。

柿渋エキスなど、自然由来成分が多いのも魅力ですね。

まとめ

脇から胸、そして下腹部は、マンマリーラインと呼ばれるアポクリン腺が集中しやすい箇所です。

よって脇にワキガが発生しているようなら、ほかの箇所も1度確認した方が良いかもしれません。

ケアは汗のこまめなふき取りや、着替え、入浴や食事など、普段の生活でできることも多いです。

ただ、なかなか面倒なこともあるので、クリアネオで今ある悩みを解決してしまうのも手。

デリケートゾーン対応なので、1つあればどこでも使えるのが嬉しいですね。

クリアネオ!噂の口コミ効果は本当?ワキガも足の臭いも嫌な汗も消えるの?

us

*共通案内*
ワキガ、足の臭い、VIOラインの臭いなど体臭や加齢臭も解消!
さらに気になる脇汗、足汗、手汗などにも効果!
公式サイト→クリアネオ
cleaneo
子供や男性も使える即効性がある制汗クリーム
レビュー→クリアネオの口コミ

 

この記事に関連する記事一覧

クリアネオでワキガも体臭も汗の臭いも解消!
クリアネオ
最近の投稿
今人気の記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ